Q1 甲状腺腫瘍が見つかりました。手術が必要でしょうか?

A1 悪性腫瘍であれば手術が基本になります。良性腫瘍であれば手術の必要はありませんが、甲状腺腫瘍は検査を行っても良性と断定できないタイプの腫瘍がその多くを占めており、様々な条件を考慮して手術が必要かどうかを判断します。

[解説]
甲状腺にしこりが見つかった場合、まずそれが本当に甲状腺腫瘍なのかどうかが問題になることがあります。橋本病やバセドウ病は甲状腺全体が腫れる病気ですが、一部がしこりのように外から触れたり、超音波検査で内部にしこりができているように見える場合があります。腫瘍が合併しているのか、しこりのように見えているが腫れ方が歪になっているだけで甲状腺腫瘍ではないのか判断しなければなりません。実際には判断に迷う場合も多く、疑わしい場合は甲状腺腫瘍の合併としてその後の検査を進めてゆくことになります。

甲状腺腫瘍と判断した場合は、超音波検査と穿刺吸引細胞診を行って、悪性腫瘍で手術が必要なものかどうかを判断します。悪性か良性かの区別にCT検査やMRI検査を行うことはありません。悪性腫瘍のうち最も頻度の高いものは甲状腺乳頭がんで、超音波検査と穿刺吸引細胞診により高い確率で診断することができます。手術による甲状腺の切除が治療の基本となりますが、乳頭がんで1cm以下の場合は条件が良ければ手術せずに経過をみる場合もあります。また、悪性リンパ腫は切除、放射線治療、抗がん剤治療を組み合わせて治療を行います。その他の甲状腺悪性腫瘍は手術による治療が基本です。

良性腫瘍であれば手術の必要はありませんが、甲状腺腫瘍は超音波検査と穿刺吸引細胞診を行っても良性と断定できない、すなわち悪性であることを完全には否定できないタイプの腫瘍がその多くを占めており、それが問題になっています。このようなタイプの甲状腺腫瘍については様々な条件を組み合わせて手術を行うかどうかを判断します。

良性腫瘍でも腫瘍が胸部まで入り込んでいる場合や、頚部の圧迫症状を訴えている場合、美容的に問題のある場合では手術を行うことがあります。また、甲状腺ホルモンを過剰に分泌する中毒性結節性甲状腺腫は、アイソトープ治療を行うか、手術で結節を切除します。