問い合わせ 【当院に通院中の方】

病状に関する問い合わせ

当院に通院中の方の病状の変化に対する対応は原則として診察を行って判断しますが、軽微な変化については受診すべきかどうか電話またはメールで回答いたします。治療方針についての相談など、通常の診察として行うべきものについては受診が必要です。

新型コロナウイルス感染症に関係した処方せんのFAX対応について
当院で継続して処方しているチラーヂンS錠などにつきましては、電話を用いた医師による再診を行い、処方可能と判断した場合は処方せんをご指定の薬局にFAXいたします。対象は下記のいずれかに該当する方です。
  • ■ 検査予定がなく(病状確認と処方のみの予定)かつ外出が困難な方
  • ■ 新型コロナウイルス感染症に関連して外出が困難な特段の事情、例として妊娠中(初期を除く)や免疫低下を伴う疾患があり、甲状腺機能が目標の値で安定している方
    【申込み方法】電話 0570-550566月曜から土曜の12時~13時。日祝不可)または下記 問い合わせフォーム(24時間) からお申し込みください。医師が診療記録を確認して電話再診の対象と判断した場合は電話の日時を当院から連絡いたします。電話再診の日時はお申し込み日とは異なります。なお、メルカゾール錠、プロパジール錠、チウラジール錠、ヨウ化カリウム丸に関しましては投与量の調整や副作用の確認を要しますので、FAX対応は原則として行いません。


事務手続き等に関する問い合わせ

勤務先や学校へ提出する診断書、保険金請求のための診断書、他の医療機関宛の診療情報提供書(紹介状)などの文書発行についてのお問い合わせにつきましては、電話またはメールで回答いたします。郵送での発行にも対応しております。受診された時期や病状によりましては改めての受診を要する場合があります。
<文書費用>
■ 当院書式の診断書:1,000円 + 消費税
■ 英文診断書:3,000円 + 消費税
■ 生命保険会社書式の診断書:5,000円 + 消費税
■ 診療情報提供書:2,500円(保険診療の自己負担3割なら750円)
※郵送の場合は、日本郵便レターパックライト代金370円を加算。宛先はご本人様宛に限定いたします。
お支払いは受取時に受付窓口でのお支払い、郵送の場合は銀行振込(振込手数料はご負担ください)またはPayPayのQRコード読み取りでのお支払い(手数料なし)のいずれかです。

電話による問い合わせ

新型コロナに関連した問い合わせ増加のため電話がつながりにくくなっております。できるだけメールフォームを利用してお問い合わせください。
TEL 0570-550566
応対時間(日祝、夏季休暇、年末年始は受付不可)
月・水・金 9:00~20:00(病状に関する問い合わせは13:00~17:00の間は受付不可)
火・木・土 9:00~17:00

メールフォームによる問い合わせ

12時間以内に電子メールで返信いたします。ただし、問い合わせ送信の翌日が休診日の場合は直近の診察日の返信になる場合があります。予約済みの診察日時の問い合わせは予約システムへのメールアドレス登録により行ってください。回答が届かない場合はメールフィルターなどにより受信拒否になっている可能性があります。

下記の内容でよろしければ、送信ボタンを押してください。

お名前 (必須)
性別 (必須)
年齢 (必須)
診察券番号
(できるだけ入力してください)
メールアドレス (必須)
メールアドレス確認 (必須)
電話番号 (必須)
お問い合わせ内容 (必須)