Q2 甲状腺ホルモンが高くてバセドウ病と診断されました。間違いないでしょうか?

A2 血液中の甲状腺ホルモンが高いというだけでバセドウ病と診断されてしまうことがあります。甲状腺ホルモンが高くなる病気はバセドウ病だけではありません。バセドウ病の診断の決め手はTSHレセプター抗体の測定です。

[解説]
血液中の甲状腺ホルモンが高いということだけでバセドウ病と診断され、薬が投与されることがあります。しかし、甲状腺ホルモンが高いだけではバセドウ病と言えません。バセドウ病ではないのに、間違って甲状腺ホルモンの合成を抑える薬が投与されると非常に危険な場合があります。
血液中の甲状腺ホルモンが高くなる病気の約80%はバセドウ病です。したがって、甲状腺ホルモンが高いのでバセドウ病です、と言えば80%は診断が当たるということです。でも残りの方はバセドウ病以外の病気ですので誤診ということになります。

甲状腺ホルモンが高くなる病気の中で、バセドウ病以外でよく見られるのは無痛性甲状腺炎と亜急性甲状腺炎です。亜急性甲状腺炎は、熱が出たり、甲状腺に強い痛みを伴うのでバセドウ病との区別は比較的簡単です。しかし、無痛性甲状腺炎は、ホルモンの上昇と全身的な症状からはバセドウ病との違いがほとんどありません。症状から見分ける唯一の点はバセドウ病の眼の症状があるかどうかですが、バセドウ病でも眼にほとんど変化のない方もたくさんいますので、これだけでは区別出来ません。無痛性甲状腺炎とバセドウ病を見分ける決め手はTSHレセプター抗体(→免疫異常を調べる検査)です。バセドウ病はTSHレセプター抗体が甲状腺を刺激するために甲状腺ホルモンが高くなる病気ですので、TSHレセプター抗体が高いということはバセドウ病である最も確かな証拠です。一方の無痛性甲状腺炎では高くなりません。

ただ、残念ながらあらゆる病気には例外というものがあり、バセドウ病でもTSHレセプター抗体が高くならない方、無痛性甲状腺炎でもTSHレセプター抗体が少し上昇する方がいます。このような例外的な場合にはさらに診断を正確にするために、アイソトープ検査を行います。

甲状腺ホルモンが高くなる原因には、このほか妊娠や、ホルモンを過剰に分泌する腫瘍などもありますので、妊娠していないかどうか、甲状腺に腫瘍ができていないかどうかも確認しておく必要があります。また、小児で甲状腺ホルモンが高い値を示している時に甲状腺機能亢進症と誤診されることがあります。小児のFT3、 FT4の正常範囲は成人に比べて、少し高い値のところまで正常に含みますが、検査会社からのレポートには成人の正常範囲しか記載されていませんので、その範囲を超えることがあるのです。この場合、TSHが正常範囲内であれば、異常ではないと判断してよいでしょう。