ニュース

広報:甲状腺の病気をお持ちの方の新型コロナワクチン接種について

2021年04月25日

ワクチン接種によって甲状腺の病気が悪化するかどうかについてですが、臨床試験データでは甲状腺の病気を含めて新型コロナワクチン接種によって慢性の持病が悪化したとする情報は入ってきておりません。
バセドウ病や甲状腺機能低下症などの甲状腺機能の異常を伴う病気の場合、定期的な受診で甲状腺機能検査値が良好な値であることが確認されている方については、新型コロナワクチン接種を受けていただいて結構です。

【バセドウ病の方】
甲状腺ホルモン値が非常に高い状態の場合、アナフィラキシーショックが起きた際に使用されるエピネフリン注射により不整脈(頻脈、心房細動など)の起こる可能性があります。したがって、新型コロナワクチン接種を受ける前には甲状腺機能を良好にコントロールしておくことが大事です。治療開始早期の方は、甲状腺ホルモン値によっては甲状腺機能がある程度改善するまでワクチン接種を控えていただく場合があります。甲状腺機能が良好な状態で落ち着いている方も最後の検査から2~3か月以上経っている場合は念のため接種前に受診されることをお勧めします。無断で治療を中断している方は直ちに受診してください。

【橋本病・甲状腺機能低下症の方】
甲状腺機能が正常または軽度の低下にとどまっているため、甲状腺ホルモン薬(チラーヂンS)の服用が不要で経過観察だけの方は新型コロナワクチン接種を受けていただいて問題ありません。
甲状腺機能低下症に対して指示された通り甲状腺ホルモン薬を服薬している場合も、ワクチンを接種していただいて問題ありません。服薬を忘れがちの方は、しっかりと服用した上でワクチン接種を受けてください。重症の甲状腺機能低下症にも関わらず服薬を中断している場合は、免疫不全状態でワクチン接種の効果が期待できない恐れがありますので受診してください。

【甲状腺腫瘍の方】
新型コロナワクチンを接種していただいて結構です。

甲状腺の病気を持っていることとは関係なく、過去にワクチン接種や注射などでアナフィラキシーが出た経験のある人や、接種後に発熱、全身性発疹などのアレルギーを疑う症状の出たことのある人は、新型コロナワクチン接種を受けるかどうか慎重な判断が必要です。