甲状腺の場所、働き

甲状腺の場所

甲状腺は 喉仏(甲状軟骨)の少し下に蝶が羽を広げたような形で、気管を抱きこむように存在しています。重さは10から20gの柔らかい臓器で、病気のために腫れたり、硬くならない限り外から指で探しても触れることはできません。

甲状腺の働きは、甲状腺ホルモンを作り、血液中に分泌することです。甲状腺ホルモンは血液によって運ばれて全身の臓器・細胞に作用します。成長や発達を促し、全身の新陳代謝を調節して、生きていくために必要なエネルギーを作り出しています。