Q3 どんな時にバセドウ病や橋本病は悪くなるのですか?

A3 バセドウ病や橋本病の原因は自己免疫ですので、免疫反応が強くなるようなことがあると悪化します。よく知られている要因を以下にまとめました。

[ストレス]

バセドウ病の悪くなるきっかけとして、もっとも良く見られるのはストレスです。薬の効きが悪くなったり、急にホルモンが上がったりした時に最近の出来事について確認すると、何らかのストレスのあった方が多いのです。たとえば、転職、結婚、離婚、本人や子どもの受験、看護、配偶者の死亡などです。社会生活を送っている以上、ストレスから逃れることはできませんので、同じ事柄でもストレスと感じないもののとらえ方、身の処し方が必要です。

[出産]

血を分けた子どもといっても、他人である夫の特質も受け継いでいる胎児は母体にとっては体に入り込んだ一種の異物なのです。そのため妊娠中は胎児が異物として拒絶されないように免疫が抑制されています。出産後はその免疫の抑制が解除されて免疫反応が強くなり、それにともなって自己免疫も強くなります。バセドウ病の妊娠、出産後の経過を見ると、妊娠中は免疫の抑制の影響でバセドウ病は軽くなることが多く、抗甲状腺薬の内服量も少なくなったり、内服が不要になったりします。しかし、産後は自己免疫が強くなり、産後3から9か月頃にかけて悪くなることがたびたび見られます。そのために、産後1から2か月には甲状腺機能の確認が必要です。そして、その時に異常がなくても産後9か月ころまでは、2から3か月毎に検査を受けておきましょう。同じように、橋本病は産後1から3か月の早い時期に悪化する可能性が高く、無痛性甲状腺炎を起こしたり、甲状腺機能が低下したりします。

[花粉症]

花粉症は花粉に対するアレルギー反応によって起こることはよくご存知でしょう。花粉症などのアレルギーの病気で起こっている免疫反応は、バセドウ病の自己免疫反応と似通っていているために、花粉症にかかるとバセドウ病の病状が悪化することがあります。花粉症を伴っているバセドウ病の方は、花粉症に対する抗アレルギー剤などの治療も併せて受けておく事をお勧めします。橋本病の自己免疫反応は、花粉症の免疫反応とやや異なるため、それほど影響は受けないようです。

[ヨード]

海藻類などに多く含まれる食事中のヨードや、うがい薬、造影剤、アミオダロンという不整脈の薬などに含まれるヨードは、甲状腺機能と自己免疫に影響を与える要因のひとつです。バセドウ病では、薬が効きにくくなることがありますし、橋本病では甲状腺機能が低下してくることがあります。平均的な食生活の中でのヨード制限は基本的には必要ありませんが、過剰にはとらないようにしましょう。

[インターフェロン]

B型・C型慢性肝炎の治療でインターフェロンが使われた場合、治療開始後2?6か月でバセドウ病が悪化したり、橋本病では無痛性甲状腺炎を起こしたり、機能低下症になったりすることがあります。インターフェロン治療を行う際には、事前に甲状腺の状態を調べ、治療開始後も定期的な検査を行いますので見逃されることは通常ありませんが注意してください。バセドウ病や橋本病が悪化する可能性はかなり高いですが、インターフェロン治療が必要な場合は、肝臓がんの素地となるB型・C型慢性肝炎の治療を優先して受けてください。バセドウ病や橋本病の悪化に対しては十分に対応できます。

[ゴナドトロピン放出ホルモンアゴニスト(GnRHアゴニスト)]

主に婦人科や不妊クリニックで使用される薬です。この薬を使うと脳下垂体に働きかけて、結果として卵巣機能が低下します。女性ホルモンは減少し、排卵や月経が止まります。子宮内膜症や子宮筋腫は女性ホルモンを低下させると改善するために、この薬が治療に用いられます。男性に使用すると、男性ホルモンが低下しますので、この作用を利用して前立腺がんの治療にも使われます。不妊症の治療で体外受精を行う場合、卵子を体外に取り出しますが、これを効率良く行うために自然排卵を抑える必要があります。この目的でもこの薬が使用されます。

この薬によって女性ホルモンが急に低くなると、免疫反応が強められる現象がおこります。そのためにバセドウ病や橋本病が悪化することがあります。バセドウ病が悪化するのは投与開始後数か月から1年程度してから、橋本病で炎症が強くなってホルモンが高くなるタイプのものは投与開始2から4 か月で悪化することが多いと言われています。ただし、すべての人で悪化するわけではありません。バセドウ病や橋本病で治療を受けている方で、この薬の投与を受けることになった場合は、甲状腺の担当医にも伝えておきましょう。

[副腎皮質ステロイド剤の急な中止]

副腎皮質ステロイド剤は免疫および炎症を抑える作用のある薬で、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの膠原病、気管支喘息など非常に多くの病気の治療に使われます。副腎皮質ステロイド剤を急に中止した時にバセドウ病や橋本病が悪化することがあります。副腎皮質ステロイド剤によって抑えられていた免疫が、薬がなくなったことにより、その反動として反対に免疫反応が強くなってしまうためです。副腎皮質ステロイド剤の量を減らすことでも同様にバセドウ病や橋本病の病状が変化することがありますので注意が必要です。