Q1 バセドウ病の原因は何ですか?

A1 バセドウ病は、自分の体を守るための免疫が、本来反応しないはずの自分の甲状腺に異常に反応してしまうことによって起こる病気です。遺伝的な体質とストレスなどの環境要因が関係して、そのような免疫異常が起こると考えられています。

[解説]

バセドウ病は、細菌やウイルスなどの外敵から体を守るための免疫が、自分の甲状腺に反応してしまう自己免疫(→ 自己免疫と自己抗体)と呼ばれる現象によって起こる病気です。甲状腺ホルモンの分泌量は脳下垂体から分泌されるTSHの刺激によって調節されています。このTSHが甲状腺を刺激する時に結合するタンパク質がTSHレセプターで、甲状腺細胞の表面にあります。バセドウ病ではこのTSHレセプターに対して自己免疫が起こり、TSHレセプターに結合する自己抗体が作られるようになります。この自己抗体をTSHレセプター抗体と呼びます。

TSHレセプター抗体の作用
TSHレセプター抗体はTSHと同じように甲状腺細胞を刺激する作用を持っており、その刺激により甲状腺ホルモンが過剰に合成・分泌されるようになります(図)。病気でない正常な状態では、血液中の甲状腺ホルモンが過剰になると、脳下垂体からのTSH分泌がストップすることにより、甲状腺への刺激もストップして甲状腺ホルモンの合成・分泌が抑えられ、調度良い状態が維持されます。ところが、バセドウ病では血液中の甲状腺ホルモンが過剰になっても、TSHレセプター抗体はそのような変化とは関係なく作られ続け、甲状腺への刺激が持続するために、血液中の甲状腺ホルモンの高くなった状態が続きます。

バセドウ病では、眼が出たり、まぶたがつり上がったり、物が二重に見えるなどの異常を伴うことがあります。これは眼の周りの組織に対しても甲状腺と同様の自己免疫が起きるためで、それは眼の周りの組織と甲状腺の組織との間に共通する自己免疫の標的があるためと考えられています。

甲状腺に対して自己免疫が起こる原因については、第一にバセドウ病を発病しやすい遺伝的な体質を持っていることがあげられます。ただしそういう体質を持っているからといって必ずしも発病するわけではありません。遺伝的な体質に加えて、環境要因が加わって発病してくると考えられています。環境要因としてもっとも大きいものはストレスです。仕事が多忙であったり、人間関係の悩みが強くなったり、受験や結婚を機に発病することもあります。また出産などの体全体の免疫状態が変動するような時に発病することもあります。