Q6 バセドウ病と診断されました。どのような治療方法があるのでしょうか?

A6 バセドウ病による甲状腺機能亢進症の治療には抗甲状腺薬治療、アイソトープ治療、手術の3通りの治療法があります。

[解説]
バセドウ病による甲状腺機能亢進症の治療には抗甲状腺薬治療、アイソトープ治療、手術の3通りの治療法があります。抗甲状腺薬は甲状腺ホルモンの合成を抑える薬で、アイソトープ治療は放射線を利用した治療です。アイソトープ治療と手術は甲状腺の組織すなわちホルモンを作る場所を少なくする治療です。それぞれの治療法の長所と短所を下記にまとめました。診断された後の最初の治療法としてはどれを選んでも間違いではありませんが、ほとんどの医師は抗甲状腺薬で治療を開始しています。

–抗甲状腺薬–

長所
● 治療のための特別な設備が不要で、診断後直ちにどの医療機関でも治療を開始できる。
● 日常生活に制限が及ぶことなく治療を受けることができる。
● 生涯続く甲状腺機能低下症になることはない(アイソトープ治療、手術ではある)。
● 治療を開始してから1年以内の費用は他の治療法に比べて安い。

短所
● 副作用の可能性がある。
● 内服量、内服期間などの治療効果の個人差が大きい。
● 内服を終了できた後にも、再発の頻度が高い。

–アイソトープ治療–

長所
● 効果が確実で、治療成功後は再発しない。
● 甲状腺の腫れが小さくなる。
● 副作用の心配がない。
● 手術よりも費用が安い。

短所
● 治療のための設備が必要で、実施出来る医療機関が限られている。
● 治療前後の食事制限などの日常生活上の制約を伴う。
● 重症の場合は入院が必要。
● 治療後数か月の甲状腺機能の変動が大きい。
● 生涯続く甲状腺機能低下症になり、甲状腺ホルモン剤の内服を必要とすることが多い。
● バセドウ病で起こる眼の異常が悪化することがある。

–手術–

長所
● 3つの治療法の中で最も早く効果が得られる。
● 甲状腺の腫れが無くなる。

短所
● 熟練した外科医と手術設備が必要で、実施出来る医療機関が限られている。
● 入院が必要で日常生活が制限される。
● 手術法によっては再発の可能性がある。
● 生涯続く甲状腺機能低下症になり、甲状腺ホルモン剤の内服を必要とすることがある。
● 傷跡が残る。
● 合併症の危険性がある。
● 短期的な費用負担は3つの治療の中で最も大きい。