Q5 眼が出ているため、バセドウ病を心配して甲状腺ホルモン検査を受けましたが正常であり、バセドウ病ではないと言われました。間違いないでしょうか?

A5 バセドウ病でも甲状腺ホルモンが高くならない特殊なタイプがあります。バセドウ病以外で眼の出る病気がCT検査やMRI検査で見られず、TSHレセプター抗体が高ければバセドウ病の可能性が高いと考えられます。

[解説]
眼が出ているためにバセドウ病が疑われて甲状腺機能検査を行ったのに、甲状腺ホルモンの値が正常だった場合に、バセドウ病ではないと単純に否定して良いかどうかです。まだ治療を行っていないバセドウ病は甲状腺ホルモンが高いのが普通で、眼が出る以外にも全身的に甲状腺機能亢進症の症状が現れます。ところが、バセドウ病なのに眼の異常だけが現れて、甲状腺機能には異常の出ない特殊な方があり、見逃されることがあります。

この特殊なバセドウ病と診断するには、まずはバセドウ病以外で眼が出る病気として眼球の奥の腫瘍、出血、血管の異常などが無いのかどうかCT検査やMRI検査で調べて、これらを否定しておく必要があります。そして、これらのバセドウ病以外の病気が否定できれば、甲状腺ホルモン検査には異常がなくても、TSHレセプター抗体を必ず確認しておかなければなりません。TSHレセプター抗体が高ければバセドウ病の可能性は非常に高くなります。さらにバセドウ病で起こる眼の異常には眼が出る以外にも様々な症状があり、これらが同時に見られるようであればバセドウ病でまず間違いありません。

バセドウ病では、まぶたがつりあがって、眼を見開いたようになることがあります。軽い場合ははっきりしないことがありますが、顔を動かさずに眼だけ動かして下の方を見た時に黒目と上まぶたの間に白目の見える現象が起こります。これはまぶたを引き上げる筋肉がけいれんしたり、炎症を起こしたりするために起こります。さらにまぶたの腫れがないか、ものが二重に見えないかどうかを調べます。そしてCT検査やMRI検査で眼球を動かす筋肉が腫れている場合もあります。

バセドウ病でTSHレセプター抗体も高くなっているのに眼の異常だけが出て、甲状腺ホルモンが高くならない理由については完全には解明されていません。一人の方のTSHレセプター抗体にもいろいろなタイプがあり、甲状腺を刺激する通常の抗体もあれば、逆に甲状腺の働きを抑えるタイプの抗体もあり、それらが混ざり合ったトータルとして甲状腺を刺激する作用がほとんどない場合に、このような甲状腺機能正常のバセドウ病になるのではないかといわれています。あるいは、TSHレセプター抗体の刺激を打ち消すような別の要因があるのかもしれません。さらに、甲状腺の働きを抑えるタイプのTSHレセプター抗体の働きの方が強い場合は、甲状腺機能が低下してしまうバセドウ病になることもあります。