Q4 妊娠したので産科を受診したら血液検査で甲状腺ホルモンが高かった。治療は必要ですか?

A4 妊娠すると胎盤からのホルモンの影響で一時的に甲状腺ホルモンが高くなることがあります。多くの場合、治療を行わなくてもしだいに落ち着いてゆきます。一方、妊娠する前からかかっていたのに気付かなかったバセドウ病の可能性もあり、この場合は甲状腺ホルモンの上昇の程度にもよりますが、治療が必要です。

[解説]

妊娠した時の血液検査で甲状腺ホルモンが高くなっている原因の多くは妊娠期一過性甲状腺機能亢進症です。これは胎盤から分泌されるヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)と呼ばれるホルモンの影響です。多くの場合、治療を行わなくてもしだいに落ち着いてゆきます。一方、妊娠する前からかかっていたのに気付かなかったバセドウ病の可能性もあります。

妊娠初期の血液検査で甲状腺ホルモンが高い時には、それが妊娠期一過性甲状腺機能亢進症なのかバセドウ病なのかまず正しく診断し、そしてその診断された病気に対して治療が必要かどうかを判断しなければなりません。診断のためには甲状腺ホルモン検査に加えて、TSHレセプター抗体とhCGを測定します。TSHレセプター抗体が高ければバセドウ病の可能性が高いでしょう。TSHレセプター抗体が高くなっておらず、hCGが約60,000 mIU/mL以上に高くなっていれば妊娠期一過性甲状腺機能亢進症の可能性が高いと考えられます。なお、妊娠中はアイソトープ検査は行いません。

妊娠期一過性甲状腺機能亢進症は、通常は甲状腺ホルモン上昇の程度は軽く、一過性ですので治療は行わずに経過をみます。甲状腺機能亢進症の程度が強い時は一時的にヨード剤を使用することもあります。

一方のバセドウ病の時ですが、甲状腺ホルモン上昇の程度が強い時は直ちに抗甲状腺薬による治療を開始します。甲状腺ホルモンが高いまま放置していると流産の危険性が高まりますし、生まれてくる子どもの発育にも悪影響を及ぼします。治療開始の時期にもよりますが、奇形のリスクと授乳への影響を考慮して通常はプロパジールまたはチウラジールを選択します(Q10を参照)。できるだけ早く甲状腺機能を正常化することが大事です。バセドウ病は妊娠週数が進むに連れて、病気の活動性が軽くなることが多く、発見時に甲状腺ホルモン上昇の程度が軽い場合は、抗甲状腺薬を投与せずにヨード剤を投与したり、場合によっては治療をせずに経過をみることもあります。