Q12 バセドウ病のアイソトープ治療とはどんな治療ですか?

A12 甲状腺ホルモンの材料であるヨードに放射線を出す性質を持たせ、それを内服することにより甲状腺組織を破壊し、甲状腺ホルモンを作る場所を少なくする治療です。この放射線を出す性質を持った物質をラジオアイソトープといい、そこからアイソトープ治療と呼んでいます。

[解説]
甲状腺ホルモンが甲状腺で作られる時の材料の一つとして、のりや昆布などに含まれるヨード(ヨウ素)が利用されます。食事中のヨードは吸収された後、甲状腺に取り込まれます。この性質を利用して放射線を出す性質を持たせたヨードを内服することにより、甲状腺組織を放射線によって破壊し、甲状腺ホルモンを作る場所を少なくするのがアイソトープ治療です。正確には放射性ヨード内用療法と言います。

治療に使用するのはヨウ素131という種類のラジオアイソトープで、カプセルに入っています。内服した放射性ヨードはすぐに腸から吸収され、血液中を運ばれ、活動性のバセドウ病では40 – 80%が甲状腺に吸収されます。吸収されなかった放射性ヨードのほとんどは尿に出てゆきます。また、ごくわずかですが汗や唾液からも出ます。

ヨウ素131はベータ線とガンマ線という2種類の放射線を出し、ベータ線が甲状腺ホルモンを合成する細胞を破壊する作用を持っています。ベータ線の届く距離はわずか2 mmですので、肺や脳、卵巣や精巣などの重要な臓器に甲状腺からベータ線が届くことはありません。

また、甲状腺に吸収されたヨウ素131はしだいに壊れて放射線を出す能力を失ってゆきます。甲状腺の状態によって差はありますが、約6日で放射線を出す能力は半分くらいになり、次の6日でさらにその半分と減ってゆきますので、放射線がいつまでも体内で出続けることはありません。

ベータ線の当たった甲状腺の細胞はやがて壊れて死んでゆきます。そして、甲状腺ホルモンをつくる細胞の全体数が少なくなり、甲状腺機能亢進症が治ってゆきます。