自己免疫と自己抗体

人間が生活している環境には、細菌やウイルスなどの有害な微生物が充ち溢れています。それらが体内に侵入してきても排除する仕組みが生まれながらに備わっており、それが免疫です。また、免疫は外からの微生物だけではなく、正常な細胞ががん化した場合も異物として認識し、そのがん細胞を排除する役目も担っています。

免疫におけるもっとも重要な機能は、自分自身(自己)と自分以外のもの(非自己)を区別する能力です。この自己と非自己を区別する仕組みは極めて巧妙にできています。世の中には無数の外敵があり、しかもそれは絶えず変化しています。このような膨大な外敵に対して免疫を発揮するために、まず免疫を担当する細胞は胎児の段階ではあらゆるものに対して反応できる能力を備えています。そして、受精してから生まれるまでの間に、自分自身として形作られてゆく臓器、細胞に対して反応する免疫担当細胞は取り除かれてゆきます。このようにして、自己に対して反応する免疫担当細胞だけをまず排除して、それらを除いた免疫担当細胞が生き残り、外敵が侵入してきた時に反応できるようになっています。

自己免疫

ところが、何らかの原因により、自己に対して反応する免疫担当細胞が再び増殖して、自己に対して免疫反応を起こすことにより体に障害を与える病気があります。このような病気を総称して自己免疫疾患と呼びます。そして自己免疫疾患として代表的なものが甲状腺に起こるバセドウ病や橋本病です。その他、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの膠原病、小児期に発病する1型糖尿病なども自己免疫疾患です。麻疹に感染すると麻疹ウイルスに対する抗体ができるように、自己免疫疾患では自己の細胞成分に対する抗体が作られ、これを自己抗体と呼びます。自己抗体の存在は自己免疫が起こっている重要な証拠ですので、それぞれの自己免疫疾患に特有の自己抗体を測定することで、自己免疫疾患の診断に利用することができます。