橋本病、甲状腺機能低下症の疑問に答えます

橋本病、甲状腺機能低下症に関する正しい知識を持っていただくために、まずは 橋下病、甲状腺機能低下症のコーナー を読んでください。

それでも疑問が解決しない場合はコメントに投稿してください。質問については可能な限り回答しますが、質問の内容によっては診察をせずに回答することが難しい場合が多々あります。回答が可能かどうかは当方で決めさせていただいます。回答困難な質問についてはその旨メールで返信いたします。

「橋本病、甲状腺機能低下症の疑問に答えます」への803件のフィードバック

  1. 2度目になってしまうかも知れませんが失礼します。
    甲状腺関係で自然に数値が治ると言われて一様 様子見 最中何ですが
    治りかけが一番辛いんですか??

  2. 余り、自覚症状が無かったのですが、時々眩暈や歩行時の息切れが有り、市の成人病検診補助の
    期限でもあり検査を受けたところ極度の貧血で(HB6.1)CT、胃カメラ、喉のMRIを受けました。
    胃に潰瘍の跡があり治っているけどそれが原因かもと、同時に、TSH、とFT4も検査してそれぞれ
    5.56と0.61でした、甲状腺機能障害もあるので、鉄剤のフェロミアとチラージン25mgを処方されました。
    貧血は順調に回復して(HB11.9)、一か月後に甲状腺の方もTSH3.64と0.75となっとりました。
    余り説明が無かったのでチラージンを隔日にしたところ2か月後に6.27と0.62となっていて、
    勝手にやっていたので言い出せなくて医師はチラージンを50mgに増量しました。
    尚、TPOb5未満、Tgb10未満で問題がありません。

    TSHにしてもFT4にしても少し基準から外れている程度で抗体も問題が無いのですが
    甲状腺機能低下症と言うことでホルモン剤を飲んでいるのですが飲み続ける必要が
    あるのでしょうか。

    1. S.I.様

      重症の貧血などに伴い、軽度の甲状腺機能低下症がみられることはよくあります。甲状腺そのものの異常ではなく、全身的な他の病気による二次的な変化です。
      その場合は、甲状腺以外の病気が良くなれば甲状腺機能も改善する場合が多々あります。そのような病状であることが想定される場合は、チラーヂンSを投与しない場合も多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です