橋本病、甲状腺機能低下症の疑問に答えます

橋本病、甲状腺機能低下症に関する正しい知識を持っていただくために、まずは 橋下病、甲状腺機能低下症のコーナー を読んでください。

現在、コメント受付は一時的に休止しております。

それでも疑問が解決しない場合はコメントに投稿してください。ご自身がかかっている病気に関する質問に対して、標準的な考え方を紹介する形で回答いたします。個別の診断や治療そのものへの回答はいたしておりません。また、投稿された質問は文面確認後に掲載となります。掲載が不適切と判断した場合は掲載および回答しない場合があります。

「橋本病、甲状腺機能低下症の疑問に答えます」への966件のフィードバック

  1. 岡本医院長様

    今から20年前35才でバセドー病になりました。メルカゾールが体に合わずヨウ素(ヨウ化カリウム?)を飲んでいました。

    アイソトープ治療も一度しましたが、その時は完治は出来なかったようでしたが、ヨウ素で気長に治療をし、ほぼ、普通に眠れるし、体調もよくなり、一旦 薬も通院もしなくて 経過観察と言う事になり10年程過ぎました。

    先日、防風通聖散を処方してもらう際に 血液検査を受けまして、ついでにバセドー病を調べて貰ったら、甲状腺機能が低下気味という事が判明してビックリしました。
    ひどくならない前に治療をして行った方が良いでしょうか?
    TSH10.56
    FT3 2.9
    FT4 0.9
    フェリチン90です。

    53歳女性です。
    ご回答よろしくお願い致します。

    1. あみちゃん様

      バセドウ病でアイソトープ治療を受けたあと、10年程度してから低下症になることは珍しくなく、アイソトープ治療を受けた方の多くはいずれは低下症になると言われています。
      TSHの値が高い状態が続くようであれば甲状腺ホルモン剤の服用が必要です。当院では、同じような経過の方の場合、海藻類などのヨードの摂取を少し控え気味にして1~2か月後に再検査を受けていただいています。

      1. お忙しい中、ご回答ありがとうございました。

  2. 岡本医院長さま

    はじめまして。わたしは13歳の頃橋本病と大きな病院で診断され1日にチラージンを100ミリ服用しています。その後数値が安定していたことからかかりつけの内科で数ヶ月に一回のFT3、FT4、TSHの血液検査を行いチラージンの服用を行ってきました。
    結婚し、そろそろ子供のことを考え専門医を受診したところFT3、FT4、TSH全て問題なくまたエコーも問題なく、TgAb、TPOAbも基準値内で橋本病は陰性ですと言われました。わたしは橋本病が起因ではない甲状腺機能低下症なのでしょうか?

    1. 谷様
      診療なしには回答困難で。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

  3. 岡本院長 様
    私は47歳男性です。体がだるく、生気もなくうつ状態だったため精神科を受診し、抗うつ剤などを長年服用していましたが全く改善されず、たまたま他の病気で紹介された大阪医大で血液検査をしたところ甲状腺機能低下症と診断されました。それが1年前です。それ以来、チラーヂン50を1日1錠服用するようになってから数値も安定し、うつ状態も嘘のように改善し、76kgあった体重も何もせずとも72kgまで減少、仕事もほとんど休むこともなく、本当に人生が明るくなりました。
    しかし、ここ半年ほどで数値は正常の範囲内のものの、体重もまた77kgまで増加、精神的にも落ち込み、仕事も休みがちになっています。
    そこで、先生に質問ですが、チラーヂンのおかげでT4,T3が正常値でも、体重の増加や気分の落ち込みなどが再発したのは、甲状腺機能低下症と関係があるのでしょうか?
    今年の春に転勤のため転院しましたが、主治医に相談しても回答がありません。
    岡本院長様、よろしくお願いいたいます。

    1. のぶ様

      甲状腺機能低下症という病気を持っていても甲状腺機能が正常に維持されている状態においては、気分に影響を与えることはないとされています。甲状腺機能低下症の治療がきっかけで、併発症として持っているうつ状態が改善する方もあります。

      1. 岡本院長様
        ありがとうございました。
        体がだるいのも気分の落ち込みからで、甲状腺機能低下症とは関係ないと理解しました。

コメントは停止中です。