橋本病、甲状腺機能低下症の疑問に答えます

橋本病、甲状腺機能低下症に関する正しい知識を持っていただくために、まずは 橋下病、甲状腺機能低下症のコーナー を読んでください。

それでも疑問が解決しない場合はコメントに投稿してください。質問については可能な限り回答しますが、質問の内容によっては診察をせずに回答することが難しい場合が多々あります。回答が可能かどうかは当方で決めさせていただいます。回答困難な質問についてはその旨メールで返信いたします。

「橋本病、甲状腺機能低下症の疑問に答えます」への777件のフィードバック

  1. 院長先生はじめまして。

    今人生で2度目の無痛性甲状腺炎と診断されています。1度目は出産後(そこで初めて自分が橋本病の抗体を持っていることを知りました〕でした。今回はそれから2年半経っているのですが、原因不明です。どちらもFT4のピーク値は6くらいです。

    1、無痛性甲状腺炎から稀にバセドウ病になるケースもあると聞いたことがありますが、その割合はどのくらいなのでしょうか。
    その割合は、橋本病で機能が正常なときと比べてもあまり差がないものでしょうか。(家族に甲状腺疾患のものはありません〕

    2.今回の無痛性甲状腺炎は原因不明のため、今度も繰り返すのかと思うと不安です。
    無痛性甲状腺炎を繰り返すと、細胞が何度も破壊され、そのダメージは蓄積されると何かで見たことがあるのですが、甲状腺機能が正常に戻るということは、すなわち破壊された細胞が修復されたという理解でよろしいのでしょうか。

    3.現在2度目の妊娠を検討しているのですが、産後また無痛性甲状腺炎になることを考えると、また甲状腺を刺激し、バセドウ病になるリスクが高まるのではないかと不安です。(私が一番恐れているのはバセドウ病になることです〕
    無痛性甲状腺炎を繰り返すことでバセドウ病になるリスクは高まるのでしょうか。

    4.歯科治療、美容外科治療を現在予定しているのですが、局所麻酔を使うことによる甲状腺への影響などは考えられありますでしょうか。

    以上、お忙しい中恐縮ですがどうぞよろしくお願いいたします。

    1. あつ様

      無痛性甲状腺炎からバセドウ病に移行する頻度は不明です。
      甲状腺機能が正常に戻るということは、すなわち破壊された細胞が修復されたという理解で結構です。度々繰り返しても毎回正常になる方、1回だけでその後正常まで回復しない方など、さまざまです。影響が蓄積されるというような考え方はありません。
      無痛性甲状腺炎を繰り返すことでバセドウ病になるリスクは高まるという考えはありません。
      局所麻酔薬が甲状腺に影響することはありません。

      1. 早々にご返信頂きありがとうございます
        !理解いたしました。

        ちなみに
        1.先生のご感覚的には、橋本病からバセドウ病に変わる人はどの位いらっしゃると思われますでしょうか。稀なことなのでしょうか。

        2.無痛性甲状腺炎で、ピーク値がFT4が6くらいというのは、ひどい方なのでしょうか。また、無痛性甲状腺炎の程度がひどい人の方が、永続的な低下症になりやすいといったことはありますでしょうか。

        3.麻酔が甲状腺に与える影響はないとのことは理解したのですが、外科的な治療が甲状腺疾患に与える影響などは考えられますでしょうか。

        お手すきの際にご返信いただけますと幸いです。

        1. 橋本病は非常に頻度の高い病気であり、その中でバセドウ病に移行する方は稀といっていいでしょう。
          FT4 6はホルモン値としては比較的高い部類に入ります。高値の程度と低下の永続性とは関連性は無いという印象です。その関連性を分析した研究は目にしたことはありません。
          他の臓器の外科治療が甲状腺に影響することはまずありません。

          1. 理解致しました。お忙しい中ご丁寧にご返信いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です