橋本病、甲状腺機能低下症の疑問に答えます

橋本病、甲状腺機能低下症に関する正しい知識を持っていただくために、まずは 橋下病、甲状腺機能低下症のコーナー を読んでください。

それでも疑問が解決しない場合はコメントに投稿してください。病気に関する質問に対して、標準的な考え方を紹介する形で回答いたします。個別の診断や治療そのものへの回答はいたしておりません。また、投稿された質問は文面確認後に掲載となります。掲載が不適切と判断した場合は掲載および回答しない場合があります。

「橋本病、甲状腺機能低下症の疑問に答えます」への934件のフィードバック

  1. 今年の5月に橋本病と診断されました。
    エコーでは、腫瘤は見た目以上に大きいが良性と見受けられる事。
    血液検査の結果も高値ではあるが、ホルモンは出ているので投薬はいらない。1年後にまた来てくださいとの事。

    最近、倦怠感が強くなり、突然視力低下(乱視)になり、橋本病の影響なのか、早めに受診すべきか悩んでおります。

    この場合、甲状腺の病院に行くべきでしょうか?

    1. さり様

      橋本病で急に甲状腺機能が変化することもあります。症状の原因かどうかは測定しての判断ということになります。甲状腺機能低下で乱視になることはありません。

  2. 先生質問なのですが、
    中学生ころに第二次性徴が起こりますが、成長期に性ホルモンが正常に分泌されても、
    甲状腺機能低下症を発症すると骨年齢は停滞しますか。

    1. 成長期に重症の甲状腺機能低下症になると骨年齢は遅延します。潜在性甲状腺機能低下のレベルでは通常はまず影響はありません。

  3. 橋下病について検索していたら当サイトを見つけ、ご質問させていただきたくコメントさせていただきます。
    産後に橋本病を診断されチラージンを服用して2-3年になります。甲状腺ホルモンは正常範囲になりましたが、サイログロブリンは500-900あたりで高止まりしています。最近、朝が起きれず、側頭部の毛が薄くなることや、仕事後の疲れも酷く帰宅後寝てしまうこともあります。甲状腺専門医の主治医には相談しました。症状は橋本病の症状だが甲状腺ホルモン、TSHなどの数値は今の服薬量で正常範囲なので、他に原因があるのか、甲状腺の問題なのか分かりかねると言われました。サイログロブリンの高値も分からないと、、、。とりあえずということで造影CTを撮り今は結果待ちで、チラージンは増減しないようです。
    サイログロブリンだけずっと高い原因も気になりますし、髪も心配でこのまま年月が経つことに不安を感じています。
    今後については、CTの結果次第で他の甲状腺の病院に行った方がいいのか、大学病院などの内科を受診した方がいいのかなど夫と考えています。アドバイス等頂ければ幸いです。

    1. はや様

      橋本病で抗サイログロブリン抗体が高い場合、サイログロブリンは高く測定されることがあります。これは実際には高いのではなく、見かけ上の高値であり問題のないものです。病気としての意味はありません。
      抗サイログロブリン抗体も橋本病の甲状腺機能低下とは関係せず、ホルモンを正常にしても下がりません。抗サイログロブリン抗体も体には影響しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です