バセドウ病の疑問に答えます

バセドウ病に関する正しい知識を持っていただくために、まずは バセドウ病のコーナー を読んでください。

それでも疑問が解決しない場合はコメントに投稿してください。質問については可能な限り回答しますが、質問の内容によっては診察をせずに回答することが難しい場合が多々あります。回答が可能かどうかは当方で決めさせていただいます。回答困難な質問についてはその旨メールで返信いたします。

「バセドウ病の疑問に答えます」への779件のフィードバック

  1. はじめまして。
    現在29歳、将来的に妊娠希望です。

    22のときにバセドウ病と分かり、2年程度メルカゾールを内服し、数値が改善したためいったん服用を中止したのですが、再発してしまい現在1日おきでメルカゾールを1錠服用しています。
    先日担当の先生より、1度再発の過去があるため現在数値は安定しているが薬を中止することは難
    しいと言われ、1年以内に妊娠の予定が無いのであればとアイソトープ治療をすすめられました。甲状腺が大きめで、エコーの結果血流もいいように見えるし、抗体の数値も基準値ではあるが少し高めとの判断でした。

    いろいろ話は聞いたのですが、私の不安な点として、
    ・アイソトープ治療の費用が高額なこと、治療しても将来的に内服を続けなければならないのならメルカゾールでも同じではないかということ
    ・1年以内に妊娠の予定はないが、1~2年以内に妊娠希望であること
    ・現在のメルカゾール治療に特に不満はなく、また、妊娠初期にメルカゾールが良くないのであれば別の薬に変えるのはだめなのか
    という点でアイソトープ治療のメリットが見いだせず、勧められたものの躊躇しています。

    私のように再発の過去があり、将来的に妊娠希望の場合は内服での治療を続けることは難しいのでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    1. さゆり様

      比較的少量のメルカゾールでコントロールできている場合、具体的に妊娠を考える時期にプロパジール、チウラジールに変更して服薬を続けながら妊娠するという選択もあります。
      このあたりのところはケースバイケースで個別性が高い問題であり、病状を正確に把握した上で判断することになります。

  2. 最初の血液検査TSH0.1以下.FT4、5.49
    AST41、ALT63、rGTP15
    バセドウ病診断、メルカゾール三錠服用開始。3週間後、FT3.10.0、FT4.3.74、TSH0.01以下、TRAb17.1、Tgab4000以上、
    TPOab69.8、AST54、ALT101、rGTP45
    メルカゾール三錠とテノーミン一錠、ヨウ化カリウム丸38mg一錠服用。
    その一週間FT3、4.13、FT4、1.64、TSH0.010、AST34、ALT83、rGTP59
    薬処方変わらず。
    肝機能が悪くなってる原因は薬のせいですか?このまま薬のんでいいでしょうか?とても心配です。
    亢進症の数値はtrabですが、Tgab.tpoabの値もたかいです。なぜですか?
    よろしくお願いします。

    1. Sa様
      バセドウ病の治療初期には肝機能の数値が上昇することがよく見られます。バセドウ病そのものによる場合と、抗甲状腺薬(メルカゾール他)による副作用の場合があります。また、抗甲状腺薬による場合もその多くは一過性のもので、通常は薬を続けながら様子を見ます。
      服用を続けていて下がってきている場合は問題ありません。
      Tgab.tpoabはバセドウ病、橋本病どちらでも高くなります。バセドウ病として矛盾しません。

  3. 岡本先生 お忙しい中 よろしくお願いします。先日メールさせてもらいましたが、こちらのメールアドレスが間違っているのがわかりましてお返事いただいていたのでしたら申し訳ございませんでした。
    改めまして質問させてください。H28.3にバセドウ病と診断されて現在メルカゾール1錠を処方されています。H29.6 TSH 0.005未満 FT4 1.66 TRAB 5.0 抗TG抗体12.3でした。
    H28.9 TSHレセプター抗体 26.8 結合阻害率 これはどの様な結果なのでしょうか?
    TRABとTSHレセプター抗体は同じ検査ではないのでしょうか。
    この数値でメルカゾール1錠で大丈夫なのでしょうか。
    妊娠希望なのですが、薬を変えなくてはいけないみたいですが、どのぐらい前から変えなくてはいけないでしょうか。又血液検査でどのぐらいになったら妊娠しても大丈夫なのでしょうか?よろしくお願いします。

    1. TM様
      ご迷惑をおかけしました。先程回答いたしました。

  4. 岡本先生
    今年の1月下旬からバセドウ病の投薬治療をしております。
    メルカゾール3錠、ヨウ化カリウム1錠を毎日飲んでおりましたが、5月からFT3 : 2.9、FT4: 1.06(TSHは0.01以下)まで下がったため、メルカゾール3錠、ヨウ化カリウムが1日置きに1錠になりました。
    6月になり薬が慣れてきたからか、FT3: 4.1、FT4: 1.08、AST 56、ALT 35とまた亢進ぎみとなり(TSHはかわらず0.01以下) 現在はメルカゾール2錠、ヨウ化カリウム1錠を毎日飲んでおります。

    体調の変化としては、ひどい時に比べ疲れにくくなりましたが、体重の増加が止まりません。運動(週3回ヨガ、毎日ストレッチ)と食事制限をしておりますが、筋肉もつきにくく、食事の量に気をつけているのですが、どんどん体重が増えていっております。(痩せる前よりも増えていっている)
    数値をみると亢進ぎみですが、薬によりホルモン量をコントロールしている為、代謝がスピードが遅くなってるのでしょうか。投薬治療において、バセドウ病になる前のように、適度な運動と食事制限で大事を維持することは難しいのでしょうか。長期的な治療だからこそ、少しでも良いアドバイスをいただけたらと思い質問させていただきました。
    よろしくお願いいたします。

    1. puki様

      バセドウ病による甲状腺機能亢進症が正常に近い状態になりますと、亢進していた代謝も正常に戻ります。代謝はあくまでも異常な状態から正常に戻るということで、低下することはありません。
      あとは、健康な方と同様に摂取するカロリーと消費するカロリーで体重はおおよそ決まってきます。
      亢進している時期は消耗するエネルギーを補うため、過剰に食べるようになりますので、甲状腺機能が正常になってもその習慣が続くと体重がどんどん増えます。

      1. 岡本先生

        返信ありがとうございます。
        夜は炭水化物は取らず、間食の質に気をつけているのですが、まだ食べ癖がついてるのかもしれません。
        毎日食べているものをチェックして、取り過ぎていないか、改めてみることにします。

  5. はじめて質問させてもらいます。よろしくお願いします。
    H28.3 バセドウ病と診断されて現在メルカゾールを1日1錠処方されています。
    H29.6 TSH 0.005未満 FT4 1.66 抗Tg抗体 12.3 TRAb 5.0
    H28.9 TSHレセプター+ 結合阻害率26.8 
    TRAbとTSHレセプターは同じ検査ではないのでしょうか?
    TSHレセプターの基準値はー10.0~+10.0と表示されていましたが、
    結合阻害率26.8とはどの様な結果なのでしょうか?
    このような数値で1日1錠は妥当でしょうか。
    近いうちに妊娠希望なのですが、薬を変えなくてはならないと認識していますが、妊娠希望の何か月前から変えた方がいいのでしょうか?
    お忙しい中申し訳ございませんがよろしくお願いします。

    1. T.M様
      システムの不具合で質問が正しく受け付けられておりませんでした。申し訳ありません。
      TRAbとTSHレセプターは同じ検査ではないのです。測定結果の単位が違うだけで測定しているものは同じです。26.8%は陽性ということです。
      メルカゾールの量は抗体の値ではなく、甲状腺機能の値をみながら調整します。診断からの全体的な経過、甲状腺の腫れの程度、検査値の推移と今後の予想を加味して投与量を決めます。
      メルカゾールの内服が胎児に影響するのは妊娠初期だけです。妊娠前に内服していたことは問題にはなりません。
      薬を変える場合は改めて薬の副作用のチェックを行いますので、妊活の3カ月前くらいには変えておいたほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です