甲状腺機能を調べる血液検査

甲状腺機能はFT3、FT4、TSHの3つの検査で判定します。

[FT3、FT4: 甲状腺ホルモン]

甲状腺ホルモンには2種類あり、基本となる骨組みにヨードが3個結合したものをT3, 4個結合したものをT4と呼びます。甲状腺ホルモンは分泌されると、そのほとんどはタンパク質と結合して血液中を流れています。また、極微量ですがタンパク質と結合していない遊離型(Free)のホルモンも流れています。そして、最終的に臓器に作用するのは遊離型のホルモンです。遊離型ホルモンであるFT3やFT4を測定することで、甲状腺ホルモンの過不足を正確に知ることができます。

FT3とFT4の測定上の意味の違いですが、甲状腺から分泌されるホルモンのほとんどはT4です。T3の多くは甲状腺から分泌されたT4が肝臓などの臓器でT3に作りかえられたものです。そして、T4はホルモンとしての力は弱く、ホルモンとして細胞の働きを変える作用を持っているのはT3です。以上から、甲状腺という臓器のホルモンを作る能力を調べるにはFT4、甲状腺ホルモンの全身への作用の程度を調べるにはFT3ということになります。

[TSH: 甲状腺刺激ホルモン]

TSHは脳下垂体という場所から分泌されるホルモンの一つで、甲状腺を刺激する作用を持っています。脳下垂体は甲状腺ホルモンの量を絶えず監視していて、甲状腺ホルモンが足らないと判断するとTSHの分泌量を増やして甲状腺を刺激します。一方、甲状腺ホルモンが多いと判断すると、TSHを出さないようにして甲状腺への刺激をストップします。したがって、TSHを測定することで甲状腺ホルモンの過不足を知ることができます。

そして、僅かの甲状腺ホルモンの過不足でもTSHは敏感に反応して正常範囲を超えて高くなったり、低くなったりします。一方、FT3、FT4はこのような僅かの変化の場合は、正常範囲から大きく外れることはないため、異常値として捉えにくく、見過ごすことがあります。

[まとめ]

以上から、甲状腺ホルモンの過不足を判定するのはTSHであり、FT3とFT4は過不足の重症度を評価するために測定します。 検査結果の組み合わせとその評価を表にしました。この表に当てはまらない場合は、甲状腺以外の様々な要素を加味して判断することになります。

FT3、FT4 TSH 甲状腺ホルモン過不足の評価 甲状腺機能の表し方
低い 高い 甲状腺ホルモンは不足 甲状腺機能低下症
正常 高い 甲状腺ホルモンはわずかに不足 潜在性甲状腺機能低下症
正常 正常 甲状腺ホルモンは適量 甲状腺機能正常
正常 低い 甲状腺ホルモンはわずかに過剰 潜在性甲状腺機能亢進症
(潜在性甲状腺中毒症)
高い 低い 甲状腺ホルモンは過剰 甲状腺機能亢進症
(甲状腺中毒症)

[基準値] (正常範囲; 測定のためのキットにより多少異なります)
FT3 2.1 - 3.8 pg/mL
FT4 0.82 - 1.63 ng/dL
TSH 0.38 - 4.31 μU/mL

[妊娠中は異なる基準値に注意]

妊娠中は非妊娠時と異なる基準値が適応されます。さらにその基準値は妊娠の時期により変わっていきます。妊娠中の基準値は下記の通りです。

初期: 0.1 - 2.5
中期: 0.2 - 3.0
後期: 0.3 - 3.0 または3.5

この情報についての質問は 質疑応答のコーナー で受け付けています。